寝不足 体温 上がる。 睡眠と体温|体温と生活リズム|テルモ体温研究所

33

ひとつは、ストレスを感じると交感神経の働きが活発になり、そのせいで体温が上がり、自律神経やホルモンバランスに乱れが生じてしまうというものです。

寝不足になると 自律神経が乱れるので 体温調節機能が狂うんですね。

ストレス解消を心がける 副交感神経を優位にすると、心身ともにリラックスして自律神経が整い、血圧も低下しやすくなります。

そのためには少なくとも4時間以上睡眠をとって、毎日同じ時間に体温を測るようにしましょう。

睡眠不足と血圧の関係 安静状態での血圧が正常値よりも慢性的に高い状態を 「高血圧」、低い状態を 「低血圧」と言います。

できるだけストレスを取り除き、リラックスすることでストレス性高体温症(心因性発熱)の辛い症状から解放されます。

つまり、ネガティブなことを考えたり、気がかりなことは一切思い出さない。

なので、冷え性対策でよく提唱されている「靴下」の重ね履きをすると、熱をうまく放散できなくなって深部体温がしっかり下がらず、結果、寝つきが悪くなって眠りの質も浅くなってしまうのです。

仕事が突然忙しくなったり、異動や転職などで環境が変わったり、大切な商談でプレッシャーを感じて極度に緊張したり、ビジネス面でのストレスを感じる原因は日々転がっています。

口の中で落ち着いて体温を測る為には約5分ほどかかります。

84