自衛隊 新 小銃。 20式5.56mm小銃、9mm拳銃SFP9 自衛隊新小銃と新拳銃 解説

防衛省は昨年12月6日、89式小銃の後継選定作業を進めていた陸上自衛隊の新小銃を 豊和工業製の「 HOWA 5. 7kg マガジンの装弾数は30発
また、水に浸かった状態からの作動不良が発生しやすいこともあり、水機団などに優先配備することも考えて、ショートストロークガスピストン方式を採用したのだと考えられる またそれぞれもメーカーでバラバラに開発しているので、開発費は少なく、設備投資も難しい
59年5月に行われた展示射撃の際、数発撃ってレシーバーが破損 27kg
技本研究試作銃によるテストは部分的な改良設計を施しつつ、-に掛けて行われた 銃剣は89式小銃と同じ、89式多用途銃剣を使用するが、バヨネットシースは新たに設計されている
ロングストロークガスピストン方式を採用する他の小銃では、通常、ガスポートからボルトキャリアまでおよぶ長いピストンが使われ、また、ピストンとボルトキャリアが一体化した構造となっていることにより、ボルトグループ(ピストン、ボルトキャリア、遊底)の質量が大きく、作動による重心変動、遊底が最後部まで後退した時の衝撃、などが大きくなるため、連射時の命中精度の低下を招きやすいという欠点を持っている 固定式ストックと3点バースト機能を有する
89式小銃から大きく変更されたのがオプション装備を取り付けできるハンドガードだ ・ダブルアクションからシングルアクショントリガーに
)また、64式に使用される減装弾は、7. 使用用途は9mm拳銃の後継として指揮官等に装備し、自衛用に使用 また、など1点式スリングを使用する部隊もある
89式小銃であった「スリーバースモード」は無くなり、セミオート、フルオート、セーフティの三つとなります 随所に最新軍用ライフルのトレンドが盛り込まれ、海外製オプションパーツなどを採用し汎用性、操用性に優れた小銃となっていそうだ
95

計画は遅延しているが概ねことのとおりに進められるはずだ。

レールマウントには光学照準装置などの装着が可能で、公開された20式5. 2020年6月28日閲覧。

一方、日本の防衛庁は、豊和工業による必死の研究開発にも関わらず、自衛隊用小銃としてM14をアメリカから大量調達する計画を模索していた。

2018年に防衛省は試験用の小火器を別途調達した。

他に二脚を標準装備する5. 折り畳む フォールディング ことはできないので、空挺隊員用のPDWストック、フォールディングストックなどのパーツ供給があるかもしれない。

99