危惧 する 意味。 「懸念」「危惧」「心配」「懸案」 の違い!意味、使い方、例文を紹介

とすると、この文の「危惧」は(ちょっと拡大解釈ですが)お使いの辞書の定義通りに使われている、としてよいのではないでしょうか? そもそも辞書によって言うことが違いますし、あまり辞書に拘泥することはないと思いますが。 「懸念される」という言葉は、家族や友人との会話で気楽に使うような言葉ではありませんが、使用できるシーンや場面が幅広く、さまざまな分野や状況で使用されている言葉です。 「危惧」は< きぐ>と読みます。 「危」が「不安に思う」「あやぶむ」を、「惧」が「おそれること」をそれぞれ意味します。 では、「憂慮」と聞くと、どのような意味をイメージしますか。 「不安」の特徴は、「漠然としたものに対する恐れ」であるという点にあります。 何かを害する恐れがあったり、何かを損なったりするのではないかと不安に思う気持ちを表現します。
元々同じ意味で使われていたようですから。 相手の気持ちがわからず、そのことが気がかりになっていることを懸念と表現するものです。 こちらが正しい元の漢字です。 「ものすごく危険である」「危険な状況が迫ってきている」といったことを強調したい場合に「危惧」と表現します。 懸念の「懸」という漢字を使った単語としては、思いをかけて恋い慕うことを意味する「懸想」、力のかぎり全力を尽くすことを意味する「懸命」、前から問題になっていながらまだ解決されていない事柄を意味する「懸案」などがあります。 物事を色々な要素を含めて考えること・判断や行動の前に色々な要素を考え合わせることを表します。 辞書 - すべての辞書 - 危惧 リンクはダミーです。 大人はもちろん、子どもの人数も激減し、このままでは二つある小学校を一つに統合しなければなりません。
84

懸念とは 「懸念」とは、「気にかかって心から離れないこと」を意味する言葉です。

考え」を意味します。

「懸案」は「長いこと解決されずに悩み苦しんでいる問題」に対して使う 「懸案」は、解決しなくてはいけない問題や事柄について使います。

一方、「危惧」は「絶滅を危惧する」など、危険視する事柄が具体的です。

言い回しとしては、• これは、「ある面ではうまくいくが、別のある面ではうまくいかないかもしれない」という意味に取っていいでしょう。

9