玖島 川 のり。 出雲国風土記

久多美川 〇玖潭郷(くたみのさと) 【風土記】 ・地名のいわれが記されている。

天正 16年( 1588年)に代官の平田氏がこの熊野社に式内社のほか 5社を合祀した。

名称は海苔石と関係するようだ。

30 (1982年 - )• 334• 310 (欠番:1994年以降不使用)• 345• 113• 武器を持って埼に座り込み、神々に一心に祈ると和爾の大群がやって来て1匹の和爾を取り囲んでいた。

例祭の際は大社の宮司が参向するという。

304• 沼田(ぬた)の地名のいわれとなった宇乃治比古命のことである。

116• 189 (1996年 - )• 420• 106• 2021年4月5日閲覧。

何とか車を停めさせていただいて,階段を上る。

猪麻呂がその和爾を討ち取り腹を割くと娘の足が出てきた。

研究史 [ ] 江戸時代初期より研究が進められており、多くの注釈書や解説書が出されている。

42
【メモ】 ・「十六島」は日本海側の漁村で,平田駅から直線距離にして 6 km強の位置にある 385 (1982年 - )• 354• 8 (欠番:以降不使用)• 405• (うむかひめ) - 島根郡法吉郷、『古事記』の蛤貝比売
天御梶日女命(あめのみかじひめ)、楯縫郡神名樋山に登場) がおり、子に以下の神がいる ・さらに「平田町」の項目がある
外部リンク [ ]• 開拓後に紀伊から熊野三神を今の社地に迎えた 247• 八野若日女命(前出、大穴持命の妻問いの相手)• 255• 278• そのほか、に伝わった「徳川家本」や、に伝わる「万葉緯本」など、近世初期から多くの写本が作られ、各地に広まった
443• 真玉著玉之邑日女命(またまつくたまのむらひめ) - 神門郡朝山郷• 414• (いざなぎ) 自身は登場せず、子として以下の神が登場する 198• 228• 441• 283• 木綿街道 〇木綿街道 【メモ】 ・宇美神社前の道から国道を超えると木綿街道の小路に入る
201• 201• 292• また出雲大社の瑞垣内に門衛の守護神として久多美神が鎮座し,かっての佐陀明神にも玖潭神が同様な役割をもった 平地に手崎城の案内板と東屋があり,そこから平田の町並みとその向こうに宍道湖が見下ろせる
この広大な景色は雲陽誌の時代からあっただろう 十六島地域と深いかかわりがある
74 ()• (わかすせりひめ) - 神門郡滑狭郷 が登場し、また子に以下の神がいる 注記によれば,もとは日本海沿いの塩津町にあった