なめ て かじっ て ときどき 愛 で て。 なめて、かじって、ときどき愛でて【52話】最新話のネタバレと感想!見つめて触れてその唇で俺の名前を呼んで

恩田くんと一緒嬉しい、と微笑むハルだった ハルに興味を持った太郎は質問攻めにされ・・・太郎を警戒する清士郎だったが、 家に帰れとまで言われてしまい、ハルと清士郎は離れることに
と、安心した清士郎はハルの服装が急に気になり不機嫌に そっけない態度をとり続けるハルは、その行動のおかげで清士郎に追いつめられることになってしまうのでした
と、そこに清士郎からどこにいるとメッセージが届き、バレたら…と不安になるものの後には引けません そのおかげであっさりとハルの言うことを聞き、丸く収まりました! やっと「清士郎」と呼び捨てで呼ぶことになり、ますます2人のイチャイチャを期待します! 次回の話が気になります! >> 『なめて、かじって、ときどき愛でて』前回のあらすじ レナ を突き放すでも優しくするでもない煮え切らない態度をずっと取っている清士郎
見慣れない値段とよく分からないメニュー内容に焦るハル きっと洸士郎は自分たちのことを怒っているに違いない…とこれ以上二人の交際を反対されてしまうことを不安視するハルは、一人でもなんとかしないとと焦ります
下の名前呼び捨てだった、あんまり仲良くしすぎたら嫌だ、と恩田に抱きつくハル 母は清士郎はどうしたのかと尋ねるも、帰ったよ、と返事する
3 47