南 高校 附属 中学校。 横浜市立南高校附属中学校の7つの魅力

123. 生徒が互いに切磋琢磨し、常に活気に溢れている学校 育てたい生徒像• クラスの人たちと様々な課題に挑戦し、協力や励ましあうことの大切さを体験• 勉強への意識や将来の目標への意識が相当高くて、余程遊びや行事を充実させたいと思ってない人にしか向いていません。 設備も整っていますし、珍しい部もあります。 これまでの「難関大学」と呼ばれる大学だけでなく、秋田の国際教養大や海外大学の進学、起業家の育成など幅広く様々な進路に進める生徒を育ててほしいものです。 ORION(オリオン)です。 思考・判断・表現を自ら高めていく授業• 雑務を極力減らし、本来の教員としての指導力を高めることに時間をかけさせてくれる学校であるため、常に先生たちが成長を続けます。 中学校は4クラスですが、高校からは1クラス分加わり5クラスになります。 こちらから歩いている生徒もたくさんいる様です。 大事なのは、このプログラムに「乗っかる」ことだと思います。
19 81