Au 長期 優待 ポイント。 auの新料金プラン「2年契約N」へ変更する時の注意点や不明点、疑問を解消する

ポイント付与には、au STAR会員の登録が必要です。

また、FOMAそのものも 2026年3月31日にサービス終了となるため、現在FOMAを利用中の方はスマホへの契約変更なども併せて検討しましょう。

dポイントクラブ会員であれば、毎月の割引かdポイントの進呈かのどちらかお好きな方を選択することが可能です。

au STAR長期優待ポイントは条件を満たしていれば、毎月5日頃に自動付与される予定です。

他社のメインキャリアや格安SIMへ乗り換えを検討しているauユーザーにはちょっとした抜け道が誕生しました。

読み飛ばしてもらっても構いません 笑。

2
ポイントは自動付与ではない! この部分は制度の改悪に他ならないと思います。 また、用途限定とはいえ、機種の購入以外にdマーケットやdポイント加盟店などで幅広く利用することができます。 一度2年契約Nへ足を踏み入れたら、以前のプランへ後戻りはできません。 2年契約Nプランへ変更しても、プログラムが途中で廃止されるわけではなく、条件さえクリアすれば次回機種変更時に割賦金支払い免除の特典を受けることが出来ます。 ステージとは、auサービスを利用すればするほど獲得スコアが上がり、3ヶ月間で獲得したスコアによってランク ステージ が確定します。 ですが、今後UQモバイルやYモバイルなどの格安SIMに変わる可能性が高いです。 とても早いお返事ありがとうございます。 ドコモのahamoは契約年数のリセットはされず引き継がれる ちなみにドコモのahamoは発表当初は契約年数がリセットされることになっていたものの、その後提供条件が変更され契約年数はそのまま引き継がれることになりました。 ほかにも、au利用料金や機種代金への充当、au PAY カードの請求額への利用、他社ポイントへの交換など、つかいみちはまだまだたくさんある。
86
一方、「 毎月のポイント還元」の制度が変更になる点も注目する必要があります。 ちなみに2021年4月以降から、auから他社乗り換え時の手数料 MNP転出手数料 3,000円が、店頭・ウェブ窓口・お客さまセンターの受付窓口にすべてで廃止(無料)となります。 こんにちは。 なお、旧2年契約の更新期間以外の解約時負担金は1回線あたり10,450円(税込)でしたが、 2年契約Nの場合だと解約金は1,100円(税込)です。 私は2019年の法改正の直前で違約金について勘違いして、 「新ピタットプラン」を2年契約ありで契約してしまい、 現在格安SIMへ乗り換えるため、一か月だけ改正後のプランに変更して違約金なしで解約しようと考えています。 しかしその直後に新auピタットプランNが登場しまして、何が違うのか分からなかったのと面倒だったので未だにプラン変更はしていません。 auポイントプログラムステージ制とは auポイントプログラムのステージは、レギュラー・シルバー・ゴールド・プラチナがあります。 対象の料金プラン、データ定額サービスに加入している方• 私自身は違約金10000円からは逃れたいのですが…。 auユーザーなら知らず知らずのうちにポイントがたまる ちなみに、Pontaポイントをためるにはどうしたらいいのか? 筆者の場合、毎月のau携帯電話利用料金によるポイントのほか、au PAY マーケットでの買い物で得られるポイントなどで、合わせて毎月200〜300pほど。 コンビニや家電量販店での買い物• そうは言いつつ、毎月割の対象プラン(2年契約Nではない現在のプラン)で条件を満たしていれば、引き続き残りの回数分毎月割は適用されますので安心して下さい。
84