プジョー 208 アリュール。 【日下部保雄の悠悠閑閑】プジョー 208 アリュール

顔つきこそ牙が生えた「508」と共通のモチーフが採られるが、全体にソリッドなたたずまいは、ことにリアから見た姿はジャーマンブランドの一台と見まごうばかり。 27
「視線移動を抑える」という初志を貫くならば、やはりベストソリューションはヘッドアップディスプレイの採用であるはず。 そんなわけだから、日常的に乗るにはこちらの方が却って気軽に乗れる印象だった。 《中村 孝仁》. 【燃費】 メーカー担当者に充電器について聞いたのですが、発表会当時はメーカーオプションで充電器はありませんでした。 5mm)らしく、低回転でも執拗(しつよう)に粘る。 「回したところでとても壊れそうにない」というこの堅牢な印象は、その昔「406」などのエンジンで強く感じられたものだ。
68