タイピング コツ。 タッチタイピング練習のコツ!上達法と便利なショートカットキーについて

ホームポジションとは、キーボード上に指を置く基本の位置のこと。

ましてやWebを担当する人にとって、すばやい正確なタイピングはなおさら必須ですよね。

何事も、楽しみながら覚えるのが上達の近道です。

ホームポジションを意識すると、各指の可動範囲に対して無理のない動きが身につくので、手や指の疲れも溜まりにくくなります。

タイピングを上達に、なぜブラインドタッチが必要かと言うと、単純に指を動かす時間が増えるからです。

タッチタイピングが速くなるメリットって? タッチタイピングとは、キーボードを見ずにタイピングすることです。

オフィスワークでは必須とも言える「PCスキル」。

他にこんな間違いもありますよ。

例えば、「お世話になっております。

ちなみに、下記のような文字を入力する場所に出る コレ ・・ を キャレットと呼びます。

ctrl + shift + T:直前に閉じたタブを戻す• 実際に若い方でしっかりとしたブラインドタッチをできる方はやはり少ないですね。

63 75
その状態で文字を入力しようとしても、ミスが続いてしまいます。 ホームポジション 上の図のようになりましたか? こちらの指の配置を ホームポジションと呼びます(参考: )。 そんな人は、焦らずにゆっくりとタイピングをするのがコツです。 それが私たちの目的のはずです。 そんな時はココナラで依頼してみましょう! 即日可能!紙・PDF・画像データをテキスト化. 意外に思うかもしれませんが、正確なタイピングができるうようになれば、速さは後から勝手に付いてきます。 正しくない方法で 一度覚えたものを自力で治すのはかなりの労力が必要です。 ミスタイプを減らすコツは、 ミスした単語をすぐに何度も打ち直すことです。 このレベルですと、苦手なのは特定のキーではなく、キーの組み合わせにあります。
71