ブール 関数。 6.8 ブール関数Boolean

この英文では、動詞は原形のままとなります。

「+」OR, または• ) この入出力の関係は、全体で2の4乗、すなわち 16通り存在します。

c君の解答では、次のようになります。

a君とb君の解答だと、英文の意味がおかしいですね。

NOT x の時は出力は0です。

関数の説明を英語で書く、という方法であれば、どちらも次のように解釈できます。

ブール代数では0と1のみで桁を繰上りません。 NOR回路の入力を1つにまとめると、NOTと同じ機能になります。 論理式の簡単化について では、いよいよ 論理式の簡単化について解説していきます。 ここで、2つのNOTを NOR で表し、OR とその出力の NOT を1つのNOR に変換します。 先ほどの真理値表からブール式を導き出してみましょう。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 chap4 第4章 論理関数(その2) 本章では、1つの真理値表に対応する論理式が無数にあること を示します。 表を見やすくするため、 入力 A, B や関数の値を横方向 に書いている点に注意して下さい。 NOT x, NOT y, z• 以下に、この関数の真理値表を示します。