コロナ ワクチン 危険。 新型コロナワクチンによる副反応・副作用・接種を控えるべき人 [予防接種・ワクチン] All About

(2021年5月21日時点) Q. この症状はいまも続いています」(林さん). 専門家から、一般的にコロナウイルスのワクチン開発は難しいと聞いていたので「9割超」という数字に驚きました。

世界ではこれまで1億人近くが接種を受けたが、大きな問題は起きていないと峰氏は言う。

ところが、いつまでたっても倦怠感が抜けない。

この事実がわかると、バカらしくて、 まんまと打ちに行く気にはなりません。

このうち90%は、接種から30分以内に発生していたということです。

マイクロチップを潜ませ、人類超監視社会へ・・・ 詳しくはこちらより購読をお願いします: ザ・フナイ 2020年11月号 マスコミのタブー200連発〈128〉 より 月刊『ザ・フナイ』は、船井幸雄が「世の中を変える意識と行動力を持つ人に向けて発信する」と決意し、(株)船井メディアより2007年10月号から創刊した雑誌です。

打った皆様は、大なり少なり副作用は出ています。

79

mRNAは本来コロナウイルスがつくらせるべきスパイクタンパク質を人体につくらせるが、それが一体何を意味するのかまだ未知数である。

リスクがないこと自体がありえません。

こんなこと(ウイルス検査に使われる)なら、PCRは、この世から消え去ってもいい。

ワクチン接種に関する意見書 NPO法人薬害研究センター理事長 内海 聡 ワクチンに関する法律: 日本の薬害の歴史でいうと1947年にGHQの指導のもとで予防接種法が定められ、みなに予防接種が強制されてきましたが、事故が起こってもなんの補償する仕組みもないものであり、現在も実質的には補償などされていないのと同じです。

現在の分析では、ファイザー社のRNAベースのCOVID-19ワクチンには、TDP-43やFUSに高い親和性を持ち、慢性変性神経疾患を引き起こす可能性があるとされているこれらのRNA配列が多く含まれています。

文献的にもが見つかっているなど、 武漢アウトブレイク以前に世界的にSARS-cov-2が存在したことが証明されている。

別人のように痙攣を起こす。

62
これらの副反応は、1回目より2回目、そして年齢が低い方が強くみられました。 COVID-19の感染は、自己抗体や自己免疫疾患の誘発と関連しており[15,16]、ワクチンが同じように作用することは十分に考えられます。 不活化ワクチン、弱毒化ワクチン、組み換えタンパクワクチン、核酸ワクチン、それにウイルスベクターワクチンです。 ワクチンのRNA配列によってコードされるウイルスのスパイクタンパク質は、亜鉛分子を含む酵素であるACE2と結合する[8]。 発熱 でした。 まだ 1億2千万人います。
57