デイトナ 24 時間 レース。 デイトナ24時間レースで総合優勝した日本人と日本車【 日産R91CP 】

現在はIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の一戦でもある。

30
デイトナ24時間レースは、1960年代から続くアメリカを代表する耐久レースで、近年はIMSA ウェザーテックスポーツカー選手権の第1戦を担う。 1976• 総合優勝はアキュラDPi(10号車)、3位にはマツダDPi(55号車)が入っている。 このように序盤につまづきがあったものの、速いペースで周回するうちに、2時間経過後には一時5位までポジションアップ。 ロレンツォ・バンディーニとクリス・エイモンが駆るファクトリー・チームのFerrari 330 P4がトップ、同チームのもう1台が2位、そしてNARTのFerrari 412 Pが3位と、フェラーリが表彰台を独占しました。 その後、ジャンピエロ・モレッティ(著名なステアリング・ホイールのメーカーMOMOの創設者)が1998年に自らの夢を実現させ、15回目の挑戦でデイトナの24時間レースで勝利を収めました。 年初恒例の一戦、アメリカ伝統の耐久レース「デイトナ24時間」(Rolex 24 At Daytona)。 1963• 2020年のマツダRT24-Pは、トップに65秒差の2位でしたが、今回は首位から6. 2001• レースは残すところ3時間余りとなりました。 そして、新チームのデビュー戦において、2台揃ってトップ5フィニッシュという結果をもたらしたのだ。 カストロネベス)。 12号車は3位、そして14号車は6位でチェッカーを受けたが、2位チームがペナルティで降格されたことで、最終的にはそれぞれ2位表彰台、5位入賞という結果を得た。
10
テスト最終日である23日には決勝のスターティンググリッドを決する予選セッションも設けられるが、その予選フォーマットについてはまだ明らかになっていない。 Text by MZRacing アーカイブ 2021• これを走らせたウェイン・テイラー・レーシング(WTR)はチームとして3連覇である。 スピードウェイ上空は晴れ上がり、午後には20度を超えると予想されていました。 しかし、GTクラスで混乱があり、レースがスタートした直後に早くもフルコースイエロー FCY追越禁止のセイフティカー先導周回 が発動され、それに助けられて9周目には7位でDPiクラスに追いつきました。 F333 SPは、カスタマーが自らのマシンでのレースに参戦できるようにするという新たな構想のもとで作られたモデルであり、1996年と1997年には2位を獲得しています。 デイトナ・コンチネンタルとして知られるこのレースでは、フェラーリのF1チャンピオンであるフィル・ヒルがチーム・メートのリカルド・ロドリゲスと組んで総合2位でフィニッシュしています。
6