粉 体 塗装。 粉体塗装法の種類

Q粉体塗装と溶剤塗装の違いは何ですか? A粉体塗装は粉末樹脂、溶剤塗装は液体樹脂の塗料 原料 を用いた塗装になります。

粉体塗装の雨や日差しへの耐候性、塩害に対する重耐塩性や、適切な膜厚強度による耐久性は、屋外構造物にも適しています。

粉体塗装のデメリットは? 粉体塗装のデメリットは「膜厚の厚み」が逆手となり、薄膜に仕上げることができません。

これは粉体塗装に用いられる塗料がどのように構成されているかに理由を求めることができます。

このように粉体塗装では、溶剤塗料では受ける法律の制約を受けず、更にその塗装方法からも設備をコンパクトにすることが可能になっております。

これにより高分子ポリマーがネットワーク状の組織を形成することで、塗膜の強度自体も非常に高くなります。

79
これまで粉体塗装で課題となっていた指定色の小ロット(発注数の少ない)対応については、色替えに時間を要するためにこれには不向きとされてきました。 VOC規制法案とともに、粉体塗料及び粉体塗装の発展に大きく弾みがつくものと考えられます。 コスト高にはなりますが、色数は常備品による対策により可能です。 粉体塗装はもともと「錆止め塗料」として普及した歴史を持つくらい錆に強いのですが、 これは粉体塗装された被塗物が空気に触れにくいからです。 液体の塗料を使用した場合、厚く塗ると塗料が垂れてしまうため、通常は1回の塗装で10〜15ミクロン程度しか塗装できません。 エポキシ系• 3点目は 塗装ライン設備の小型化が容易だからです。
17

色の塗り分けの多い被塗物には不向き 通常の粉体塗装では塗膜が厚くなるため、塗り分けのラインが綺麗に出ません。

粉体の密着性を向上させるために、粉体の噴き付けの前に油脂分を取り除く脱脂工程や錆を落とす酸洗工程など入念な前処理が行われます。

小口調色が必要な場合は、別途ご相談下さい。

このため塗装の寿命が長いと言えます。

塗装後の注意事項 塗装設備 塗料ホース、配管時はエアーブローにより洗浄し、残留塗料のないようにする。

また、その組成は、反応性、耐久性、光沢、機械的特性および耐薬品性などの目的に応じて処方される。

29