ケット シー ff7。 キャラクター/【リーブ・トゥエスティ】

エアリスにもしものことがあったら どうするの? セフィロスが気づいたら大変よ」 クラウド 「セフィロスは……もう、知っている」 バレット 「おい! おまえ、なんだってチンタラしてるんだ?」 ティファ 「行きましょ、クラウド」 クラウド 「いやだ」 「俺、またおかしくなるかもしれない」 「セフィロスがそばに来ると 俺はまた……」 バレット 「ああ、そうだよ。

ウータイでマテリアを盗んだり、コスタ・デル・ソルでバイトの売上げを盗んだり、大空洞での分岐ルートで拾ったアイテムの持ち逃げを企んだり(その時のパーティーの組み合わせによっては実際に持ち逃げされる)と狡賢い一面が目立つ。

98
ごくろうだった」 ツォン 「ここは……なんだ?」 セフィロス 「失われた知の宝庫 その後はセフィロスを倒すべく行方を追っていたが手掛かりが掴めず、何事も無かったかのように再建されたニブルヘイムを訪れた事でショックを受け、ティファへの手紙をピアノに隠した
不倶戴天の効果で、敵のレベルが高い程ダメージを上昇させるため、ボス戦や強敵との戦闘で輝く 二本足は好みじゃない」とはっきりと否定の意思を示している
レッドXIIIからはギ族から逃げた臆病者と思われていたが、実際は別の場所で勇敢に戦っていた 後にリストラにあい、ジュノンのホテルでふて寝しており、会話時の表示名も「もえつき神羅課長」に変わる
ハイデッカー Heidegger 声 - 治安維持部門総括 正式な名前はで判明
シドとは旧知の仲で「ふとっちょパルマー」と呼ばれている ケットシーを操っていたのは誰? 正体ネタバレ 実はケットシーは神羅カンパニーの幹部であるリーブ・トゥエスティが「インスパイア」という無機質物質に命を吹き込んで操る特殊能力で遠隔操作を行っていて、当初はスパイ目的でクラウド達と行動していた
古代種の知恵……知識」 「私は星とひとつになるのだ」 ツォン 「星とひとつに?」 セフィロス 「愚かなる者ども いったい、どんな素材でできているんだろうか…
メガホンでデブモーグリに指示を出して殴らせているらしい (通常版で1000体ほどとどめを刺すと習得出来ると言われている
『FF VII』終盤で、ミッドガルの被害も考えず魔晄キャノンを使ってセフィロスに魔晄エネルギーを送ろうとする 神羅の幹部中、良心を持つ数少ない人物であり、神羅打倒のためには手段を選ばないバレットのやり方に当初から疑問を感じており、終盤での「マリンが無事なら他の事は関係ない」という旨の発言に対して怒りを露にし、「壱番魔晄炉を爆破した時、どれだけの人間が犠牲になったと思っているのか」とバレットを非難した
クラウドと同様に逆立った金髪をしている 後にバレットと再会し娘のマリンの生存を聞かされるが、正気を失っていたダインは、マリンを亡き妻エレノアの元へ道連れにしようとし、バレットに戦いを挑む
19