小南 満 佑子。 小南満佑子の高校・大学どこ?歌唱力がすごい、声楽科出身のミュージカル女優

また英語を得意としていて日常会話には不自由のないレベルのようで「英語は話せるので、いつか海外でもお仕事できればいいな」と自らが取材の中で語っています。

あの圧巻かつ美しい歌声を耳にすると、どんな人なのかとても気になりますよね。

岡安章介• 小南満佑子さんは現在24歳ですが、既にこれだけのキャリアと受賞歴があるとは驚きです。

現在、朝ドラ『エール』では、音楽学校の記念公演『椿姫』の主役選考会に臨んでいるライバル・千鶴子役を熱演の小南さん。

2020年7月16日閲覧。

音域は下のG(ソ)から上のE(ミ)までと広く、(ヘッドボイス)と(チェストボイス)に明確な境目がなく曲に応じて自在に織り交ぜるという。

小南さんのブログには、お母さんに対する感謝の気持ちがたくさん綴られています。

趣味:神社仏閣巡り・舞台、映画鑑賞• コンクールなどの前には、 衣裳を持参して参拝やお祓いを受けているそうですよ! 特技の英会話は3歳から習っており、 「将来は海外で、英語で歌って演じられるようになりたい」と自身の目標も語っています。

その実力が認められ、2016年には舞台『Endles Shock』のヒロインに抜擢され、帝国劇場で見事に演じました。

小学4年生の時に、新神戸の劇場で上演されたミュージカル「森は生きている」に出演したのがきっかけで「音域を広げてもっとうまくなりたい」と思うようになり、 クラシックの声楽を習い始めました。

60
小南さんの口元、とても美しいですね。 しかも職業は、ミュージカル俳優。 2019年は、に投稿されていたで高校の同期生たちと奉納演奏会 を行った際の動画がのの目に留まり、面識のなかった宮本から直々にオファーを受けて『』に役で出演する。 こちらはドラマ『エール』の出演者みんなで星影のエールを歌い継いだ動画です。 窪田や二階堂をはじめ、井上希美(28)小南満佑子(24)古川雄大(33)中村蒼(29)山崎育三郎(34)森山直太朗(44)堀内敬子(49)吉原光夫(42)薬師丸ひろ子(56)佐久本宝(22)松井玲奈(29)や子役らがNHKホールに勢揃い。 オペラの歌声、本物感ある。 3歳の頃からだと、 約20年学んできたということになります。 本編のドラマパートは一切なく、朝ドラ最終回史上初とみられる極めて異例の試み。
51