ウイルス 研究 所 武漢。 武漢ウイルス研究所流出説、海外で再び広がる…ファウチ所長のメール公開、風向き変わる

それも人工的に作り出されたウイルスだという ・・・(武漢ウイルス研究所は)酷い管理が行われ、とんでもなく杜撰な管理が行われていた
この説明の中で、研究員の入院について記載した情報機関の報告書に言及があったかどうかについて、この関係者はコメントを避けている 現在では、トランプ政権も、 ウイルスは人工ではないことを認めるスタンスを公にしています
機能獲得研究はどのように進められたか 2019年から始まった、 蝙蝠由来のコロナウイルスに対する機能獲得研究プロジェクトは、米国の非営利研究グループ「 エコヘルス・アライアンス coHealth Alliance 」によって監督され、運営されました 研究分野 研究内容 指導者 および、ウイルス 学部長兼微生物教育研究主任 () 土壌微生物の生命活動と植物および土壌との関係 土壤農学研究主任 () 微生物を利用した植物病の抑制 華中農学院植物保護研究主任 () 、および 細菌(放線菌を含む)およびそれらのファージ変異、遺伝学および 武漢大学微生物教育研究副主任 () 11月、「中国科学院中南微生物研究所」 、さらに10月には「武漢微生物研究所」に改名され、にの地方分院が廃止されるとともに科学技術委員会の所管となり、「湖北微生物研究所」となった
ただ、欧米諸国は、世界全体で390万人以上の死者を出している新型コロナウイルスの「起源」について、中国・武漢の中国科学院武漢ウイルス研究所への疑念を強めている もっと読む; ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください
ガッティ氏が指摘する人民解放軍系の1人は、生化学・分子生物学が専門の科学者で、バイオシグナル研究施設のトップや、軍のバイオテクノロジー委員会の幹部などを務め、2019年から20年には、武漢学術委員会の幹部も務めていたという 米国はすべての情報をフランスと共有することに同意 重磅(大概率)爆料:武漢病毒研究所出逃歐洲的高級研究員就是石正麗本人!帶著全家人和近千份秘密文件,已經在法國向美國大使館申請庇護,幫助她出逃的正是被抓的公安部副部長孫立軍,美國已經同意與法國共享其全部情報!人贓俱獲,此刻連一向高調友共的默克爾也全力批共並提出賠償,子彈上膛了…… 武漢にあるウィルス研究所の研究員である 石正麗(Shi Zhengli)が家族と共に、 フランスのアメリカ大使館に亡命していたことがわかった
WHOの事務局長もWHO調査団が実施した実地調査では、手が加えられていないデータの入手が困難だったと批判した 同氏が自身のみっともない判断を取り繕おうとしているのは、ウイルスが武漢ウイルス研究所から流出した可能性を示す証拠によってついに「ダムが決壊」したためだ
しかし、実際は 審査プロセスは密室で行われており、 機能獲得研究に反対する科学者たちは、ワシントンポスト紙の社説を通して 米国立衛生研究所の姿勢を非難する声明を発表しました プロジェクトの再開にあたり、担当する研究者は、 研究のリスクが妥当なものかどうか専門家パネルから承認を得なければならない、とされました
そしてこのファクトシートは、米国のインテルコミュニティによって吟味されたものでした 彼女の脱出を助けたのは逮捕された公安副大臣 孫立軍 です
博士は「自分はもう高齢(87歳)だし、圧力など怖くない
9 25
その理由はファウチ氏が所長を務めるNIAIDが「機能獲得実験ではない」と判断し、審査をするよう指示しなかったからである 英国の新聞は、新型コロナウイルスの発生源とされる中国・武漢の研究所に、米国が370万ドルの寄付をしていたことを暴露しました
一度は可能性は低いとしていた英国情報機関もこれ問題を再検証し、現在では「可能性がある」とみていると報じられた この付録には、中国保健当局が2019年12月、人体から採取した新型コロナウイルス類のサンプル数千点を保存していたものの、後に破壊された過程が書かれていたが、それにもかかわらず、WHOは「このサンプルを検査できなかった」と書いた
トランプ氏は明言こそ避けたが、新型コロナが発生した昨年末に市場で「コウモリは売られていなかった」と述べ、本格的調査に乗り出した この研究所は、米政府から資金提供を受けた370万ドル規模のプロジェクトの中で、5000㎞近く離れた中国・雲南省で捕獲されたコウモリを使って コロナウイルスに関する研究を行っていました
新型コロナの感染拡大が世界中で始まった2020年当初、中国の武漢市にあるウイルス研究所が新型コロナウイルスの起源であり、同研究所から流出したものではないかという疑念は強かった の感染拡大が顕在化する以前は、実験施設を対外的にアピールしており、には当時の首相、が視察を行っている
報告書は、新型コロナの起源が「武漢市のウイルス研究所によるもの」という仮説については、「武漢ウイルス研究所の安全レベルは高く、その可能性は極めて低い」と結論付けている これを英国のデイリー・メール紙が
なんと、 この間までプロジェクトが進行していたのですね その研究では、武漢ウイルス研究所の Shi Zheng-Li 石 正麗 氏を中心とする研究者に資金を提供し、 野生の蝙蝠由来のコロナウイルスの調査が行われた
ノンフィクション作家の河添恵子氏による緊急寄稿- オバマ政権時代に始まった、 機能獲得研究の武漢ウイルス研究所へのアウトソーシングの件を、徹底的に調査するという姿勢をほのめかしていることがうかがえます
2月には世界の科学者27人が英医学誌ランセットで、新型コロナは自然界に起源があるとする共同声明を発表している 藤和彦 経済産業研究所コンサルティングフェロー
86