ヘンリー の 法則。 ラウールの法則とヘンリーの法則の考え方

この空気を体積一定の容器に入れたとき、 チッ素や酸素の分子は それぞれ独立に熱運動をして容器の壁に衝突をすることで圧力を生じます。

N mol の気体がP Pa のとき、V L を占めたとします。

の法則から、熱力学的に導くこともできるが、このヘンリーの法則とボイルの法則を組み合わせると、「にある気相と液相との間における気体の濃度比は一定である」という法則が導ける。

ですから、スクーバ潜水では浮上するときに決して息を止めてはいけません。

」という部分がわかりにくいと思います。

入試でも出題されやすい部分なので、きちんと理解して勉強を進めていきましょう。

例えば圧力が1. ヘンリーの法則には、 『気体の水への溶解量を 溶解した気体を取り出した状態と 水に押していた圧力を 同じ条件にすると、 (一定量の水に)溶解する気体の 物質量(モル数)は 気体の分圧に比例して 増加するが、溶解量を気体の体積で 表すと一定になる』 というのがあります。

91 74