ルネサス エレクトロニクス。 サムスンがルネサスを買収か…11兆円の現金資産活用

2010年当時のルネサスにおいては、モバイルと車載で同じSHプロセッサを使うことが想定されていたことから同じ会社に統合されたが、しかし2011年にはスマホ時代となり、スマホ向けではOSを動かすのにARMコアを使うためSH-4Aプロセッサは顧客がいないことから、車載事業は2011年にルネサス本体に移された。

ダイヤモンド・オンライン• 6月26日 - 代表取締役会長兼CEOに作田久男が就任。

4月1日 - ルネサス北日本セミコンダクタ 子会社のルネサス柳井セミコンダクタ、羽黒電子、北海電子含む 、ルネサス山形セミコンダクタ、ルネサス那珂セミコンダクタ、ルネサスセミコンダクタエンジニアリング、ルネサス甲府セミコンダクタ、ルネサス九州セミコンダクタを吸収合併により解散するとともに、存続会社のルネサス関西セミコンダクタを「」 前工程製造事業を担当 、ルネサスセミコンダクタ九州・山口を「」 後工程製造事業を担当 に商号変更。

2010年にはNECエレとの統合により、売り上げ1兆円を超える世界最大のマイコンメーカーとなったが、やはり経営状態は良くなかった。

125• 6月28日 - 呉文精が社長に就任。

ダイアログはロンドン郊外に本社を置き、独フランクフルト証券取引所に上場している。

日本だけでなく世界中の自動車メーカーにルネサスの製品が使われているが、特にと強い関係がある。

17年2月に米インターシル、19年3月に米インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)を計1兆円超で買収した。

後任として中島俊雄常務が社長に就任。

2s;-moz-transition:border-bottom-color. また、2010年はスマホの普及率が1割を超えて「スマートフォン元年」との観測も出始めた時期であり、従来向け事業の強化のみならず伸長が著しいスマホ向けにも、ローコストなプラットフォームを展開して欧州やアジア市場対応を強化することを表明した (ルネサスがフィーチャーフォン時代に行っていた、ルネサスが通信キャリアなどと共同開発したソリューションであるSH-Mobileプラットホームを採用すればどんなローカルメーカーでもすぐにマルチメディア対応の携帯電話を販売できるというシステムがスマホ時代でも通用すると想定されていた)。

「オペレーションを元に戻すためには、まだたくさんの仕事が残っていて、それらについては段階的に復旧していく。

83

こうしてルネサスは、産業革新機構の傘下となる2013年までに、車載を除くすべての民生用SoCから撤退した。

しかし、スマホでルネサス製SoCを採用する契約であった当時フィーチャーフォン最大手(すなわち携帯電話最大手)のノキアはスマホへの移行に失敗し、急速に経営が悪化したため、ルネサス製品を採用できなくなった (ノキアは自社のフィーチャーフォン向けOSであったをスマホ向けに改修する計画が失敗し、2011年にはついにシンビアンOSを放棄してマイクロソフト社と提携してに移行、2012年に携帯電話出荷台数世界一位の座から陥落し、Windows Phoneも失敗したために2014年にノキアのケータイブランドをマイクロソフト社に売却して携帯電話事業から撤退)。

8月7日 - ルネサスエレクトロニクス部のへの譲渡を発表。

2012年に発売された「R-Home S1」も、デジタルテレビや家庭用マルチメディアサーバ用として、EMMA時代と同じ月産100万個程度を想定していたが、「R-Home S1」は全く採用例が無く、2013年までに事実上消滅した。

390• 那珂工場でのみ製造されていた旧世代カーナビ用SoCである「SH-navi」に対し、次世代カーナビ用SoCである「R-car」はTSMCで製造され、委託工場でのマルチ生産が可能となっている。

61

3月1日 - パワーアンプ事業部門及びルネサス東日本セミコンダクタ長野デバイス本部 長野県小諸市 をへ譲渡し、それぞれ村田製作所モジュール事業本部通信システム商品事業部PA商品部、小諸村田製作所となる。

また、開発コストの削減、開発期間短縮にも貢献し、他社製を含む多様な開発環境、豊富な技術資料やソフトウェアライブラリ、ユーザコミュニティ等のサポート体制も万全です。

「R-Home」も、NECエレのデジタル家電向けLSI「EMMA」を引き継いだものであるが、アーキテクチャは「MIPS32 4KE」から「Cortex-A9」に変更されている。

女子大生が扱うことを念頭に置いて、ピンク色のマイコンボードを提供しており、オンラインの開発ツールを使うことで、初心者でも10分でLEDをチカチカさせることができるとのこと。

なお、ドコモ向けでは既に2008年にフィーチャーフォンを打ち切ってスマートフォンのを展開していたソニー・エリクソンは、au向けでは2011年時点でまだフィーチャーフォンを展開していたが、既にスマホの「Xperia 」でもガラケーの「Cyber-Shotケータイ 」でも同じクアルコムのを採用しており、2011年時点では高性能なスマホでも低消費電力なガラケーでもスナドラしか勝たん状況であった(2011年以降のガラケーはスマホ向けプラットフォームを流用した「」と言う形態になる)。

サムスン電子が、ルネサス(東京都江東区)を買収するとの見方が浮上している。

2018年• プレスリリース , ルネサスエレクトロニクス株式会社, 2015年5月12日 , 2015年12月13日閲覧。

2