上 毛 新聞 社。 上毛新聞 わが家の主役

ギャラリー [ ]• 事業は県民の文化向上、スポーツ振興、福祉増進、産業振興等に寄与するもので、営利を目的とせず、政治的、宗教的に偏ったものでないこと。 「メディア学の現在 新版」p250-251 山口功二・渡辺武達・岡満男編 世界思想社 2001年4月20日第1刷• 「メディア激震 グローバル化とIT革命の中で」p79 古賀純一郎 NTT出版 2009年7月2日初版第1刷• こうしたことから日本の新聞発行部数は人口に比して非常に多く、率としても諸国と並ぶ世界有数の高普及率を誇ってきた。 のように、小さなコミュニティ内で発行される無料紙もある。 また『』のような、貧困者に支援や雇用を与えるためのも1990年代以降多数発行されるようになった。 一生の記念に 誕生日のお祝いに 自慢の1枚を 上毛新聞「わが家の主役」のコーナーでは、お子さまの顔写真を掲載しています。 「新版 マス・コミュニケーション概論」p107-109 清水英夫・林伸郎・武市英雄・山田健太著 学陽書房 2009年5月15日新版初版発行• 新聞社の編集局内には、、文化部、経済部など様々な部署が存在し、それぞれ決められた分野の取材を行い記事を作成する。 オンライン新聞 [ ] 黎明期のにはすでに新聞社がを開設してニュースを配信することが行われ始め、には日本でもの発行が開始された。 レイアウト - 見出し制作・価値判断も行われる• 一部にに注目する向きもあるが、収益のほとんどを広告収入に依存するフリーペーパーの経営は苦しいところが多く、21世紀になってから廃刊が相次いでおり、新聞に代わる主要メディアとしての地位を得ることは難しいと言われている。 各新聞社は記事のネット配信に力を入れつつあり、の日経電子版のように一定の会員数を確保しているメディアも存在している。
34