ハイキュー 夢 小説 稲荷崎 マネージャー。 『〈HQ〉いいなりマネージャー【稲荷崎/R18】』第2章「次なるミゼラブル《角名倫太郎》」 43ページ

特に兵庫の方言は曖昧です… ご指摘等ありましたら、レビュー等教えていただけると助かります…! 拍手やエモ、レビュー等の評価していただけると泣いて喜びます、、 創作意欲に繋がるため、気に入っていただけた方は是非ともよろしくお願い致します! それでは、お楽しみください。

スカートから見える綺麗な太ももに視線を集中させていたが、全く気付く様子はなかった 「上手やで
あくまでもフィクションとしてお楽しみください もう部活の時間やないしな、それに今は俺だけのもんや
「マネージャー、備品について聞きたいことがあるんだけど」 帰ろうとしていたところに声をかけられても、嫌な顔ひとつせず笑顔で対応してくれる宇佐美 「穂花、疲れたやろ?せやから俺も手伝ったる
数ある作品の中から、このページへ来てくださってありがとうございます あたたかい目で見守っていただけると幸いです
「あーあ、俺の指べたべたなんだけど」 『…っ、ごめ……ん、な………さ、!』 そう言って、目の前で指についた蜜を舐めとった また指を曲げて、弱いところを指の腹で擦ってやる
[ ID] 68189 [ 作者] [ 概要] 稲荷崎2年生たちとの日々です 」 そう言って穂花の頭を撫でる
果てた反動で膝がガクガクと震え、立っていられなくなったのか床にへたり込んでしまったマネージャー テラテラと愛液で濡れた手を、穂花の顔の前に持ってくる
56
勝利の御守り!とか笑てたっけ。 "みんなの"マネージャーという事実が、何となく癪に触る。 最近してないね。 部活終了後、マネージャーの仕事も片付き、制服に着替えて帰路につこうとしている宇佐美に声をかける。 名残惜しそうに締め付けてくるそこから指を引き抜くと、大量の蜜を溢れさせている。
77
何の気なしにヘアゴムをほどき綺麗に結われていた髪の毛を下ろす オチはまだ決まっていませんが、ハッピーエンドになる予定です! ==================== はじめまして!作者の泡沫と申します
頭頂部で綺麗にまとめられたポニーテールを弄っていると、ふと臙脂色のヘアゴムが目に留まった
「ん、ごちそうさま」 恥ずかしさのあまり、林檎みたいに真っ赤な顔になった穂花をみて満足した 初の夢小説、加えて大人の内容なため至らないところが多々あるかもしれません
ええ子やな それ以外は愛されの短編になります
いよいよ4期2クール稲荷崎編がスタートするということで、1クールから少しずつ書き溜めていた稲荷崎でのお話を皆さまと共有できたらと思い公開いたします でも一旦浮上した黒い感情は簡単には消えなくて
」 俺を満足させようと、口と手をフル活用して少しくたっとした様子の穂花 閲覧は自己責任でお願いします
こいつの恥ずかしそうな顔、ほんとたまんない. 想像以上に事がうまく運んで、内心にやけが止まらない 当の本人は初めての行為に必死で、その事に気付いている様子もなかった
ストーリーは繋がっていますが、短編集 激甘 のような形式です 『……か…せ、て………』 「え、何?」 『…イ、かせて……くだ、さい……』 やっと素直になった
暫く唇を噛みしめて耐えていたが、とうとう快楽の波に押し負けたのか小さく口を開いた 「そういえば、あの稲荷崎カラーのヘアゴム
72