マスク 経費。 新型コロナウイルス感染防止のためのマスク購入費用 医療費控除の対象になる?

〇 ご質問のマスクについては、病気の感染予防を目的に着用するものであり、その購入費用はこれら のいずれの費用にも該当しないため、医療費控除の対象となりません。

【 :上記 以外の場合(自己の判断によりPCR検査を受けた場合)】 〇 単に感染していないことを明らかにする目的で受けるPCR検査など、 自己の判断により受けたPCR検査の検査費用は、上記のいずれの費用にも該当しないため、 医療費控除の対象となりません。

処方された医薬品の購入費用 処方された医薬品の購入費用が、治療や療養に必要な医薬品の購入費用に該当する場合は、医療費控除の対象となります(所得税法73条2項、所得税法施行令207条1項2号)。

これに加えて、継続して毎年所定の時期にされる改定に限り、3月経過日等後となることにつき「特別の事情があると認められる場合」には、その通常改定の時期の要件は、その改定の時期とされています(法令69 一イ)。

しかし、国税庁が公表する「帳簿の記帳のしかた」では以下のように説明されています。

法人税基本通達9-4-6の2(災害の場合の取引先に対する売掛債権の免除等)• 〔参考〕• 〇 ただし、PCR検査の結果、「陽性」であることが判明し、引き続き治療を行った場合には、その検査は、治療に先立って行われる診察と同様に考えることができますので、その場合の検査費用については、医療費控除の対象となります(所得税基本通達73-4参照)。

結論から申し上げますと事業に必要であれば経費となります。

対象となるものは、レシートに記載があるので、分かりやすいですね。

この場合の会場準備費用などの負担は、 の形態で行われるものと同様に、自社の従業員等のほか、関連会社及び取引先の従業員等もワクチン接種を受けることで社内の新型コロナウイルス感染症の感染拡大が防止され、企業の今後の業務遂行上の著しい支障の発生防止のため、つまり、企業の業務遂行に必要な費用の負担と考えられます。

取引先等において、新型コロナウイルス感染症に関連して収入が減少し、事業継続が困難となったこと、又は困難となるおそれが明らかであること 貴社が行う賃料の減額が、取引先等の復旧支援(営業継続や雇用確保など)を目的としたものであり、そのことが書面などにより確認できること 賃料の減額が、取引先等において被害が生じた後、相当の期間(通常の営業活動を再開するための復旧過程にある期間をいいます。

小学校休業等対応助成金(支援金)• 〇 ご質問によれば、商品の販売時において、所定の日に売上金額の一定割合の金額を指定された医療機関に寄附することを店内ポスターなどで広く一般に周知していたとのことですので、あなたが始めた取組は、新型コロナウイルス禍の下で社会的に必要とされる医療機関を支援する目的のほかに、集客を目的とした一種の広告宣伝としての効果を有しているものと認められます。

しかし、例外として「 中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」という規定があります。

新型コロナウイルス感染症の影響で、試合数の減少や無観客試合の増加によって、広告宣伝価値が減少したことから、当初の契約で定める掲出条件が満たせなくなり、当社はクラブに対して、スポンサー料の一部の返還を求めることが可能です。

本来受けるべき給与等の額を減額した上で、それに相当する額を支給するもの• したがって、貴社が居住者である従業員に対して支払う給与については、これまでと同様に所得税を源泉徴収する必要があります(所得税法183条)。

今回は、 社員用のマスクや薬代の会計処理についてご説明しました。

3 仮に、当該食品が「消耗品で貯蔵中のもの」であるとしても、災害時用の非常食は、備蓄することをもって事業の用に供したと認められること。