香典返し 品物。 【香典返しのマナー】贈る品物やお礼状、渡す時期や相場などを解説

香典返しは、半返しが基本とされていますがお金に余裕がなくて喪主が葬儀にかかる費用を多く負担する場合は兄弟や姉妹からも葬儀の費用の一部を負担してもらうということから香典のお返しをしない場合もあります。

最近では医師の協力を得て、美味しいのはもちろん健康に配慮のあるお菓子作りを始めているのだとか。

そのでも香典返しができるんです。

どうしても生ものを贈りたい場合は、グルメカタログギフトがあるので、そちらをお贈りすると良いかもしれません。

届くまでに日数がかかる 香典返しに喜ばれる品物人気ランキング 「香典返しに喜ばれる品物」としては、やはり「カタログギフト」が断トツで人気を博しています。

5000円台の人気ランキング 【1位】宝の麩詰合せ 横山大観「蓬莱山」限定化粧箱 5,400円 香典返し「金額別」5000円台の人気ランキングの1位は、宝の麩詰合せ 横山大観「蓬莱山」限定化粧箱です。

またマナーなど調べながら、あれはダメ、これもダメって選ぶの大変ですよね。

36

例えば、1万円の香典をいただいた場合、5000円程度の品物を四十九日法要が終わった後にお贈りするのが一般的です。

そんな大切な贈り物だから、きちんとしたマナーでお贈りしたいものですよね。

挨拶状やカードをつけることができない• 宗教や宗派によって忌明けのタイミングは多少違いますが、だいたい亡くなられた日からひと月から50日後に忌明けを迎えるため、忌明け前後から品選びと配送の手配に取り掛かりましょう。

香典返しの受け取りを辞退された場合の対応 近年では遺族の負担を考え、香典を辞退される方が増えている傾向があります。

デパート• 香典返しの相場は半返しと言われていますが、多額な香典の場合は3分の1~4分の1程度でも問題はありません。

その他にも香典返し 高額のカタログギフトは、たびもの撰華 極(きわみ)100600円コースやア・ラ・グルメ 50,800コース、ギフトイット ガーランド 50,600円コース、たびもの撰華 橘(たちばな)50600円コース、ジューシー50600円コースなどのカタログギフトがあります。

コーヒー、紅茶等は好き嫌いがある場合もありますが、味噌汁やスープはさほど好き嫌いを気にしなくても良く、軽くて持ち帰りやすいので皆さんにお配りする当日返しで人気です。

日持ちも良く、落ち着きのある色彩と高級感の漂うパッケージもお返しの品にオススメのポイント。

当日返しは、いただいた香典の金額に関わらず一律の香典返しを贈ることで、品物を選ぶ手間や配送までの管理を軽減できるというメリットがあります。

お値段は、5,400円(税込)です。

55