エースバーン せっかち。 【剣盾S14シングル最終735位】高耐久で強引に殴り合え!テテファイヤーガブミミラプライコウ構築【レート1907】|灼熱ふれあ|note

S5お疲れ様でした。

使用上の注意 ロトム系に初速で負けているため選出の際はロトムを止めるポケモンと合わせる。

べ、別に切らないからいいもん(一回切った)。

コメント 12 みんなの評価 :• 悩みに悩んで通常ックス。

カビに上手く呪いを入れることが出来ればeasy。

S14終盤ではゴリラドラン(ゴリランダー+ヒードラン)という並びが流行していたらしく、筆者は1回しか遭遇しなかったものの、ねっさのだいちを搭載していたおかげでファイヤー1匹で簡単に処理できた。

耐久無振りのとつげきチョッキ持ちガブリアスに近い特殊耐久を持ちながら、H振りによるそこそこの物理耐久、スケイルショットとつるぎのまいによる抜き性能も持ち合わせており、まさにハイブリッド型と言える。

ある程度のサイクルをし、バをトラアタ圏内に押し込むことが出来れば、一度意地膝を確定で耐えて返せる。

68
) 176 4 - 200 252 -120-X-80-149 252 暗黒強打///雷パンチ 調整意図なし。 ほろびのうたを搭載することでプレイングの幅が広がるだけでなく、ダイウォールも使えるので、このポケモンに上振れ前提の一撃必殺技なぞ不要だと個人的に思っている。 9倍にするという影響があります。 氷技は氷柱落としではなく、身代わりや特性化けの皮、マルチスケイル等を意識して氷柱針を採用したが、正直どっちでもいいと思う。 カビ 1 思い付く構築はこのくらいでした。 精神力が生きる場面がの滝登り以外なく、環境多い電磁波を考慮してシンクロで採用。

ただ、従来のギャグキャラよりギャグシーンは少なめで、トラブルメーカー要素もほぼ無いなど、割と正統派なパートナーとして描かれている(このあたりはポケモンゲットに終始するゴウに黙々と同行する回が多いのが影響しているのだろう)。

じゃれをゴダイブにすると勝てた試合もあったが、欠伸展開を一手に封じることのできるじゃれに落ちついた。

当初は蜻蛉返りを叩き落とすで使っていたが、相手が裏に引くのが見える場面や初手の不利対面で逃げることができ、構築で重い相手のゴリランダーに抜群を取れる蜻蛉返り採用は正解だった。

【剣盾シングル】エースバーン、ゴリランダー、バンギラス、ルカリオ、ヌオー、ウオノラゴンを採用したパーティ構築を掲載!「バトンパ バトンタッチ 」に関する構築です。

「ようき」は素早さを上昇させ特攻を下げる性格のため、この性格+素早さにを振ったエースバーンが、エースバーン界の最速ということになります。

初手、ストッパーとして優秀で、少しでも体力が残っていれば、十分すぎる仕事量をこなす。

男は黙ってトリック打ってくれ。

一方で「攻撃」に上昇補正がかかるため、相手に与えることができるダメージが大きくなるのはこちらになります。

コメント 4 みんなの評価 :• いや、と同速なのはおかしいだろ。