寒冷 蕁 麻疹 と は。 寒冷蕁麻疹について

寒冷によって誘発され、発熱・関節痛を伴う発疹の出現がある。 もちろん乾燥しているときに肌の保湿は大切ですが、それでは寒冷蕁麻疹が改善しません。 アレルギー性蕁麻疹…食物、薬品、植物などに含まれる特定物質(アレルゲン)に反応して起こる蕁麻疹です。 また、その食物そのものに対してアレルギー反応がないが、消化器官で代謝された代謝産物に対してアレルギー反応をもっている場合も多い。 慢性期 [ ] 抗ヒスタミン薬を使用するのが一般的。
29 70
ただし、検査をしても、原因が特定できるケースは稀です しかし、テストが原因で症状を誘発することもある
身体の一部に、かゆみを伴う皮膚の盛り上がりが突然現れます 蕁麻疹の診断では、まず食べたもの、常用薬、受けた刺激、既往症などの問診を行い、必要に応じて血液検査やアレルギー検査等を行って、直接的な原因や蕁麻疹のタイプを探ります
冷やすのはダメ、必ず温めて 一般的に蕁 は「冷やすと痒みがおさまる」と言われますが、寒冷蕁 の場合は冷やすと逆効果で、症状はひどくなります 日本のガイドラインは、や抗ロイコトリエン薬を推奨しているが 、国際的なガイドラインはこれらの使用を推奨していない
今のところ、何らかのアレルギー反応あるいは免疫反応の異常が関係しているのではないかと考えられています それにより、ヒスタミンが血管に働いて、血管を拡張させるとともに、血管の透過性が亢進し血管外への血漿成分の漏出を起こさせる
他のタイプの蕁麻疹や免疫異常など、他の病気の可能性もあるので、治りにくい場合も受診をお薦めします」 野村先生 寒冷蕁麻疹も温熱蕁麻疹も、急な温度の変化を避けるのがポイント Kolkhir P, Balakirski G, Merk HF, Olisova O, Maurer M March 2016. 息苦しさやむくみなど、身体に異常を感じた場合は、すぐに受診してください
Snidvongs K, Seresirikachorn K, Khattiyawittayakun L, Chitsuthipakorn W February 2017. 診断 [ ] と区別されることは重要であり、その他の原因が除外された後に蕁麻疹の診断が残る 夕方から夜間にかけて症状が出やすく、悪化しやすい傾向があります
1日以内には消褪する 呼吸困難を合併していれば、気管挿管などの気道確保が必要である
原因が分からないが、繰り返し症状が現れる、あるいは、症状が長引いている• なかなか、かゆみが治まらない場合や発疹が慢性化している場合は、自己判断せずに受診してください 血液に原因と思われる物質を注入し、アレルギーの原因となるヒスタミンが増加するかを見る検査である