マネルケイプ 移籍。 元RIZIN王者ケイプ、UFCデビュー戦判定負け

0Kgのバンタム級を主戦場としていたマネルケイプですが、 RIZINの試合でも57. 試合前日の公開計量では、報道陣に向けたツーショット撮影の際にマッコールの後頭部を叩いて乱闘騒ぎを起こした。

そして、ウィークポイントである寝技があることによって、パントージャの組みのプレッシャーも感じながら戦わざるを得なかった。

2021年2月6日(日本時間7日)米国ネバダ州ラスベガスのUFC APEXにて「UFC Fight Night: Overeem vs. 第2代王座(2019年) 脚注 [ ] gov• UFC [ ] 3月31日、UFCと契約したことを発表。
(英語)• 外部リンク [ ]• なので、打たれ強いマネル・ケイプとの打ち合いで、ケイプが打ち勝つ姿が十分想像できます。 1.フィゲレード 2.べナビデス 3.フォルミーガ 4.パントーヤ 5. 6.アスカロフ 7.カ 8.ボトリン 9.ペレス 10.シュネル 11.エリオット 12.ア 13.パイヴァ 14. 15.ドヴォラック ケイプはなんと!2勝するだけで タイトル戦に挑戦できるというかなりの好待遇での契約のようです。 想像しただけでもワクワクしますね 私は最高に生まれました — マネル・ケイプ Manel Kape ManelKape 最後に マネル・ケイプは挑発的な会見が印象的で、危険な選手に見えますがファンが求めたサインを気さくに書いている姿を見かけたり、亡くなった母には仕送りもしていたようです。 コーチは俺に必要な全部を叩き込んでくれてる」と、試合を振り返った。 21、浜松大会では 「新しい挑戦として、たとえばフェザー級でもキックボクシングでも、新たな挑戦があるかもしれません」と話していました。 MMAファイターとしてはUFCは最高峰のリングでオファーを貰えば挑戦しない理由はありません。 大相撲 [7月14日 20:14]• 2021年2月のラスベガスでのオクタゴン初陣は、UFC世界フライ級ランキング5位のアレッシャンドリ・パントージャ(ブラジル)に判定負け。 こんな時はいつも格闘技に勇気づけられてきた。 UFCは世界一の格闘技団体という事を世に証明したいから他団体王者に強者を当てるのでしょうね。 ボクシング [7月12日 12:36]• 攻撃を印象づける時間帯でのダブルレッグテイクダウン。
51
そして8, 9位のボトリン、ペレスもです RIZINのバンタム級のチャンピオンになってすぐにUFC
RIZIN公式サイト 2019年4月21日• なんだかんだ頭が良く日本語のツイートでファンを掴んだように不思議なカリスマ性がある プレッシャーで距離を詰められ、2回には左ジャブを浴び、さらに右アッパー、左フックを食らってダウン
そして、マッチアップの傾向上、おそらくも面白い試合を作るために、 デビュー戦はストラーを当ててくるのではないかと思います スペイン語で「天才」• 朝倉との再戦や、朝倉の兄・未来との対戦も待たれていた
大相撲 [7月14日 18:33]• 大相撲 [7月14日 16:09]• マネル・ケイプRIZINからUFCヘ マネル・ケイプ選手のUFC行きが正式に決定しました 大相撲 [7月14日 19:29]• 5発目のキックで、俺は彼の腕を破壊できると確信した」と語っている
統括すると、 ケイプは2勝でタイトル戦ができる契約のようなので 最初からトップ10をぶつけられる可能性が高く、 ケイプが運よく7位のカとマッチアップされれば、 勝利し、7位くらいまでいける可能性がありますが、 それ以外のランカーにはが多く、 それ以外とマッチアップされた場合、トップ10に入ることは難しいと思います RIZINは絶対に大丈夫です!特に バンタム級はこれからも目が離せません 将来、マネル・ケイプが UFCのチャンピオンになりRIZINの舞台に戻ってきたらとしたら 夢のカードが組めるかもしれません
応援はしないけど」と続けた 私にとっては厳しいことであり、全くもって冗談じゃない
UFCのフライ級戦線 UFCのフライ級は数年前に廃止される噂が広まり、 フライ級のスター選手、デメトリアスジョンソン選手をONE FCに放出するなど 噂の信憑性が高まっていました (笑) UFCはデビュー戦の相手にランカーを当てる洗礼がある! マネル・ケイプと同時期にUFCに移籍したプロハースカですが、両者とも対戦相手がランカーに決まっています
2回に2度、3回に1度のテークダウンを奪ったものの、ポイントを奪うことができなかった しかし、2R以降、各試合のラウンド終盤にテイクダウンに行ったのは、ケイプの方だった
プロハースカのライトヘビーの王者はジョン・ジョーンズなので、流石に王者は厳しそうですが、ケイプのフライ級なら王者も夢ではないのではないでしょうか フライ級では相対的にフィジカルは強くなり、瞬発力は遅くなるでしょう
そう考えると、最もふさわしいのはビクター・ヘンリーではないでしょうか プロレス [7月11日 12:57]• プロレス [7月12日 0:01]• もうこう思うしかない
24