スバル 工場 停止。 自動車の国内生産に新型コロナの影響広がる、スバルは17日間稼働停止:工場ニュース

48
MONOist、EE Times Japan、EDN Japanのアイティメディア製造業向け3媒体は「半導体・電子部品の供給状況に関するアンケート」を実施した。 これは同社の世界販売実績(100万台)の実に7割近くに及び、現地での生産(37. 群馬製作所は昨年度、世界生産の6割に相当する61. スバルは1月にも3工場を停止。 生産調整の延長が決まった群馬製作所=18日 SUBARU(スバル、東京都渋谷区、中村知美社長)は18日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う4月からの減産台数が世界で15万台を超えると明らかにした。 三菱自動車も3月の国内生産を予定より数千台程度、減らしているほか、ホンダや日産自動車なども2021年3月期の世界販売台数の予想を下方修正している。 4月11日から5月1日の間、国内唯一の生産拠点である群馬県太田市の群馬製作所の操業を停止する。 同社が1月に発表した2020年暦年の生産計画は、群馬製作所が69万台、米国が41万台の計110万台。
56

稼働日ベースで19日間停止し、減産台数は3万2300台程度となる見通し。

さらに、輸出車需要の落ち込みや海外生産部品の調達問題などから、国内工場でも操業一時休止の発表が相次いでいる。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって、日系自動車メーカーの国内生産拠点に影響が広がっている。

「耐えるしかない。

職場内での行動履歴を確認し、濃厚接触者と思われる従業員は自宅待機としている。

5月10日から矢島工場の全てのラインで生産を再開する。

7万台を生産し、その8割を海外に輸出した。

市内の金属加工会社社長は「米国市場の動向なので文句の言いようがない」とつぶやく。

スバルが稼働停止したのは、米インディアナ州の工場です。

これは同社の世界販売実績(100万台)の実に7割近くに及び、現地での生産(37. 1週間乗り越えましたね。

77