エスカノール。 七つの大罪ネタバレ・あらすじ290話「エスカノールが無力化」

「聖剣エスカノール」と呼ばれる手刀だけで、メリオダスを簡単に切り裂いてしまうのでした。

デルドレーに惚れている。

エスカノールが強すぎ? エスカノールはこれまでの戦闘で 〈麗しきの暴食〉亭では ガラン・メラスキュラ 大喧嘩祭りでは ドロール・グロキシニア リオネス城では エスタロッサ キャメロットに向かう途中では メリオダス これだけの十戒を戦闘不能にしています! 現時点でその強さは七つの大罪の中で最強! エスカノールだけで十戒全員倒せるんじゃ・・・ というほどの強さです。 十戒・エスタロッサがフルカウンターを発動し、エスカノールが自分の攻撃が二倍で跳ね返ってもかすり傷が付くだけ。 「マーリン」は本名ではなく、それは別にあるらしいが、本人によると、それは人間には発音できないとのこと。 この魔力の特徴は 日が昇るとともに力を増していき日が落ちるとともに力を失っていくという点。 刃に触れたものを石化させる。
85
「微塵切り(スーパースラッシュ)」 高い武力に任せた、神斧での強烈な一撃 <麗しき暴食>亭 エスカノールが 初登場した際には、 洞窟で<麗しき暴食>亭を 営んでいました
さらに28巻では、メリオダスと対戦したとき、なんと闘級は11万4000!メリオダスが「エスカノールは俺より強い」と言うだけありますね ヒューゴ 声 - 全身を鎧で覆った聖騎士
黒騎士では特定のロールで高評価でも、他のロールでは必要無いキャラが多いので作成しました 不死であるバンに傷を負わせることもできる
魔力「巨大化(フルサイズ)」 元はフラウドリンの魔力 この状態のエスカノールの闘級は六万程度 この状態でも近くにいる聖騎士たちの鎧はぐつぐつと煮えたぎり溶けてしまうほど 11時半から正午までのエスカノール 体格が大きく変化しこの時点で人間なのかどうか疑うほどの大きさに変化 口調は 【我】 闘級は11万2000から正午まで徐々に上昇 この段階のエスカノールの戦績はあまりよろしくなく アサルトモードのメリオダスには手も足も出ずゼルドリスの凶星雲もどうすることもできませんでした
闘級は破格の11万4000……!最強すぎます アーサーからは「友であり、師でもある」として信頼されている
85