冨田 尚弥。 冨田尚弥 アジア大会選手団から窃盗追放「見た瞬間、欲しくなった」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

我々も(アジア大会から)帰ってから倫理委員会を開く」と語ったが、信頼を回復するためにも再発防止に向けて厳正な対処が求められる。 ・明確な証拠や裏付けのないままの決めつけ型の取り調べと、認めなければ拘束するという脅迫があったようです。 國田:ああそうなの? 記者:はい。 日本選手団の青木剛団長(67)は現地で会見を開いて謝罪。 冨田選手のバッグには水着1枚、キャップ7枚、ゴーグル3個、セームタオル1枚……ちょっと見せてあげてください。 記者:待っていた場所というのは、記者席ではなく別の場所で待っていたということでよろしいですか? 一旦記者席を離れて、仲間を待つために飛び込み用プールとメインのプールの間の通路の端っこのほうで待っていたというふうに、防犯カメラの映像では見て取れるということなんですが。 一応、この記者会見にあたって3時まで(時間を)取っておりますので、冨田選手の口から皆さん方の質問に対してお答えするという時間は、十分に取ってあるつもりです。 冨田氏の「正義感」を疑ってしまった。 の影響で中止されたの代替で開催された度競泳国際大会代表選手選考会の50m平泳ぎは28秒40で5位、100m平泳ぎは1分00秒93で3位、200m平泳ぎは2分08秒25でを抑えて優勝 し、の代表に選出される。 國田:当時まったく同じ状況で写っているんですが、そういう状態では非常に軽かったのですが、Aから取り戻したバッグを左手に持ったときに、バッグにずっしりとした重みを感じた。
66
仁川警察は2台が冨田をとらえていたとしている 10月に後述の窃盗事件により所属先のから解雇される
7ページの11以降を見ていただきたいんですが、部屋に戻ってから冨田選手は翌日の試合に向けて水着などを乾かすためにバッグを開けたところ、そこで初めてAが入れた黒いかたまりがカメラであることを知った 「僕の右半身がぎりぎりにしか映っていませんでした」「第三者がいる(はずの)部分は切れていました」 仁川警察で事情聴取された冨田は、帰国できないことを恐れるあまり「心が弱くて認めてしまった」という
Representing Naoya Tomita 冨田 尚弥, Tomita Naoya, born April 22, 1989 is a Japanese breaststroke swimmer. 今後の予定といいますか、どういった段階を踏んで……例えば、年内に何か行動を起こすとかいったことはありますか 記者:わかりました
メイン会場では他の選手らも泳いでいて、冨田くんはその仲間と一緒に帰ろうということで、練習が終わるまでメインプールの様子を見ながら待つことにしたと これは写真 カメラ EOS-1DXということなんですが、写真 カメラ については素人で、実際のカタログの説明に全部してありますんで、このカメラを入れられたということですね
そして冨田選手が振り返ったときに、一瞬だけAと目が合いましたけども、Aの特徴は、肌はアジア系で少し日焼けをしたような感じの色である 日本人のどなたが確認したのか疑問
今回紹介されなかった以外の部分にアジア系の男が映っている可能性は低いとみられる 息子の借金の立て替えならともかく、罰金というのは本来、本人が払うものなんでね
92

先ほど述べたように、冨田選手はデジタル機材等についてほとんど知識もなく、興味もありません。

冨田は週明けに書類送検される見通しで、選手村で謹慎している。

いわゆる一眼レフのカメラ レンズ が取り外し可能なもので、カメラ本体だけにできるというのは、今回の事件を通して初めて知った。

まさにそこで奪われそうになったと。

2014年9月の仁川アジア大会中に韓国人記者のカメラを盗んだとして略式起訴された競泳の冨田尚弥選手(25)について、検察側が証拠として示していた「防犯カメラ映像」の一部がフジテレビ系のテレビ番組で紹介され、話題になっている。

しかし、当の本人はそういうシーンを見せられていない。

40