クロム 親和 性 細胞。 セロトニン

セロトニン(: serotonin)、別名 5-ヒドロキシトリプタミン(: 5-hydroxytryptamine、略称: 5-HT)は、から生合成される脳内ののひとつで 、動植物に広く分布する生理活性アミン、インドールアミンの一種。

アドレナリン作動性神経においてシナプス前終末およびシナプス後膜に発現する。

関連項目 [ ]• 、 編集 『生化学辞典 第4版』 東京化学同人 2007年• 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 クロマフィン顆粒を持つ。 1965 11•。 セロトニンは、たいていの動物で神経伝達物質として機能し、ポジティブな出来事があると分泌される。 セロトニンは、偏頭痛の原因物質としても知られています。 またECL細胞は顆粒内にセロトニンは含有せずを貯蔵し、の分泌に関与している。 大腸に生息する細菌の総称。
アドレナリンまたはノルアドレナリンを含む アンプラーグ(サルポグレラート塩酸塩)は5-HT2拮抗薬であり、セロトニンよる血小板凝集促進作用および血管収縮作用を抑制します
関連する用語 ラット副腎髄質クロム親和性細胞腫から樹立された細胞株 の患者においてはセロトニンの産生等の機構に異常が見られることが明らかになっている
果物は、種を広範囲に蒔くために、下剤成分を含むことがある - (2014年9月11日アーカイブ分). 一方、胃腸においても同様の染色像を示す細胞群が見られ、これらはそれぞれ 腸クロム親和性細胞(: Enterochromaffin Cells、EC細胞)及び 腸クロム親和性細胞様細胞(: Enterochromaffin-like Cells、ECL細胞)と呼ばれる
1961 11• 1940~1949 69• 神経内分泌細胞を起源とする腫瘍 Erspamer, Vittorio 1952. 虫垂や空腸、回腸などでセロトニンを産生する腸クロム親和性細胞を由来とする機能性NETが主な原因
脳内のパターン形成機構によるリズム性運動(歩行運動、咀嚼運動、呼吸運動、グルーミングなど)で興奮し、覚醒状態における種々な活動に適度な緊張(抗重力筋の緊張や交感神経の緊張など)を与える役割がある 微細な分泌果粒(クロム親和性を示しルゴー液で 黄色に染まる)は基底部(腺の下半分に多い)
交感神経系は、その神経節にクロム親和性細胞を含む場合もあります 十二指腸duodenum ルゴー液Regaud's solution 陰窩crypt 腸腺intestinal gland 円柱上皮細胞columnar epithelial cell パネート細胞Paneth cell(Paneth's cell) 基底果粒細胞 basal granulated cell 内分泌細胞endocrine cell 腸クロム親和細胞(EC細胞) enterochromaffin cell(EC cell). 他の言語• それらがクロム塩で処理されると、それらは顕微鏡検査で容易に見える暗褐色になります
組織切片が 二クロム酸カリウム、K 2Cr 2O 7 により褐色調に染色される セロトニンの再取り込みを阻害することによってシナプス間のセロトニンの量が増えるとされる
91