テリー の ワンダーランド レトロ 配合 表。 序盤でつかえるモンスター(配合表付)1

本作の特徴 モンスターを仲間にして育成し、冒険する テリーはモンスターマスターとして最大3体のモンスターを連れて歩くことが出来る。

配合表や黄金郷の情報はもちろん、最強モンスターやスキル、口伝、攻略チャートを記載しています。

レベルが低いうちは性格が変わりやすい。

条件はおもいでのとびらととまどいの扉までクリアーしていることです。

そして「かがやくいき」と「がんせきおとし」で全体攻撃も可能だ。

さらに同じ虫系モンスターから使いやすい特技を引き継ぎ強化 上記「キアラル」の代わりに同じ虫系で怒りの扉にいる「メーダ」から「レミラーマ」、又は裁きの扉にいる「とうちゅうかそう」から「フバーハ」を覚えさせればさらに冒険がしやすくなる。

・MP回復に使える「マホトラ」を覚えられる。

ちゃんとした詳細を忘れていました。

「さそりアーマー」はレベルが上がりずらいので、多くの経験値が貰えるクリア後に作成しよう。

条件はおもいでのとびらととまどいの扉までクリアーしていることです。

59

「どうぐ」で使用できるのは基本的に回復アイテムや肉だが、杖を持っていれば魔法で攻撃することもできる。

1匹目キングレオけつこう簡単なおかつ強いLVもあがりやすい 材料 獣系1体(旅立ちのとびらでアントベアでもOK) 悪魔系1体(まちびとのとびらでグレムリンでもOK) 物質系1体(守りの扉のボスのゴーレムでもOK) キラーパンサー1体(思い出の扉のボスのキラーパンサーがオススメ 材料は以上 作り方 まず、獣系+悪魔系でグリズリーを作ります。

本作オリジナルのモンスターも多数登場。

ポケモンフォロワーの中でも抜群の人気を誇った。

・テリワンの攻略本を口コミ・レビューした記事を更新しました。

バランスもへったくれもない。

残念なことに打ち切り同然の最終回を迎えてしまったが、今でも連載再開を望む声が多い作品である。

メイン素材には「ファーラット」:ハッスルダンスで全体回復も 血統に「ファーラット」を選んだ理由は、 ・物語開始すぐに「待ち人の扉」に出現する。

7