松平 直 矩。 松平直矩

父:(1738-1768)• 文化7年(1810年)1月18日に死去した。

元年12月16日()に侍従に任官する。

生母不明の子女• 継室:富 - の八女• 正室:幸姫 - の娘• 継室:丁 - の娘• 明和6年()に旧居城であるを廃城・破却とした。

また、「当時誉の将と世以(て)沙汰す」ともされている。

(明治30年) - 系譜 [ ] 『』は、正室(長女・養女)の名を幸(こう)と載せる。

知清または基知からを授かってこの頃までは 義知(よしちか、初名)と名乗っていたが、基知の死後にその1字を憚ったのか、のちにを 明矩に改めている。

『川越市史』3巻,『埼玉県史』通史編4巻 根岸茂夫 出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版 朝日日本歴史人物事典について 「松平斉典」の解説. 側室:お美佐 - 八嶋氏• 林洋海 『久留米藩』 〈シリーズ藩物語〉、2010年。

15万石。

8年()死去、享年54。

17

3年() :従四位下・大和守• 4年後の3年()7月、3万石加増の上で出羽山形藩、さらに6年後の元禄5年()には5万石加増の上でへ移され、格式の上では従前の15万石に復帰したが、生涯で幾度も国替を重ねた結果、家中は多大な借財を負うことになり、「 引越し大名」なるあだ名をつけられた。

母:土 - の娘• 」と書かれており、「美少年好きではあるがこのようなことは非とは言えない。

元年(1864年)6月、政争は両派共倒れの形となり、直克は政事総裁職を罷免され、以後は幕政から退いた。

長男:(1738年 - 1768年)• 女子:磯子 - 正室• 正室:悦 - の娘• 父:(1604-1648)• 文久3年(1863年)10月11日、前任のの辞職以降空席となっていた政事総裁職に就任、大名ながら幕政に参画する。

側室:成田氏• 女子:常 - 正室• 兄()はの養子となっていたため、直恒が嫡男とされる(のち利建は土井家で廃嫡されたが、その後に家督を争った形跡は特にない)。

逸話 [ ] 『』には「美小人を愛せらること、この体の事は非とすべからず。

59