パリーグ 順位。 プロ野球 優勝確率・期待順位・順位確率

最も福岡移転後の(平成15年)に大阪球場跡地に大型商業施設「」が開業。

球団名の改称年は改称後の初年度シーズンを起点に表記 過去に存在した加盟球団 [ ] パシフィック・リーグの消滅球団と成績 球団名 創設年度 優勝回数 ( Osaka Kintetsu Buffaloes) (1950年 - 2004年) 4 7119 3261 3720 271. 川崎球場を本拠地とする 、との提携を表明。

(平成25年)はスポーツゲームを専門に携帯電話サイトを運営するとオフィシャル協賛スポンサーを結び、リーグ戦とクライマックスシリーズを通して協賛することになった。

1970年代 暗黒時代 [ ] 「」および「」も参照 (昭和44年)オフに発覚した問題は、「」として問題が拡大した。

球団名を 大映スターズに改称 、シーズン開幕前にと合併。

順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失点差 1 83 38 24 11 3 64 23 41 2 82 38 26 4 8 86 28 58 3 78 38 24 6 8 76 42 34 4 76 38 22 10 6 81 43 38 5 60 38 16 12 10 54 47 7 6 58 38 16 10 12 52 40 12 7 57 38 15 12 11 55 54 1 8 54 38 14 12 12 60 62 -2 9 52 38 15 7 16 50 53 -3 10 47 38 12 11 15 44 48 -4 11 46 38 12 10 16 42 54 -12 12 45 38 13 6 19 42 56 -14 13 44 38 12 8 18 40 58 -18 14 42 38 9 15 14 42 50 -8 15 42 38 11 9 18 49 58 -9 16 42 38 11 9 18 50 68 -18 17 41 38 11 8 19 50 66 -16 18 40 38 9 13 16 47 55 -8 19 35 38 9 8 21 40 71 -31 20 21 38 4 9 25 25 73 -48. 川崎球場移転後のロッテも(昭和58年)に球団初の最下位に転落するなど、成績でも苦難が続いた。

また、イチローの所属するオリックスも(平成7年)に発生した後の復興のシンボルとして、ファンからの後押しもあり()・()と連続優勝を成し遂げる。

(昭和55年)に名称を パシフィック野球連盟に改称した。

セ・パ両リーグは、再編問題を契機に同年からを開始した。

楽天が高評価も、V予想はソフトバンクが圧倒! 優勝・ソフトバンク、2位・楽天、3位・ロッテ、4位、西武、5位・オリックス、6位・日本ハム 初年度の(昭和25年)は親会社のバックアップで戦力を充実させた毎日オリオンズが優勝し、でもを倒し日本一に輝いた
西武ドームとなる 、球団名を 埼玉西武ライオンズに改称 に セネタースが日本野球連盟に加盟 、が経営権を持つ 、球団名を 東急フライヤーズに改称 、大映野球が経営参加を表明 2004年:が球団合併凍結などを求めたを9月18日と19日に決行したため、同日に予定されていた全試合を中止
ただし、レギュラーシーズン1位通過から最も遠ざかっているのはである に本拠地を移転 にを親会社とした 東北楽天ゴールデンイーグルスがパシフィック・リーグに加盟
33 8,956 2,217 440 51 211 33 6 212 197 1 0 0. 1965年:28回 140試合• このときは、第1ステージ勝ち上がりチームが日本シリーズに出場した場合、そのチームがリーグ優勝チームという扱いであった このような中、大毎オリオンズのオーナーになったは私財を投げ打って東京・南千住に(昭和37年)に「」を完成させた
(平成19年)にパ・リーグ所属6球団により共同事業会社 パシフィック・リーグマーケティング株式会社(PLM)を設立 球団名を 大映ユニオンズに改称 同年、シーズン終了後にと合併