給与 所得 者 の 基礎 控除 申告 書。 [手続名]給与所得者の基礎控除、配偶者(特別)控除及び所得金額調整控除の申告|国税庁

提出した後は基本的には会社が保管しており、提出を求められたら税務署へ提出する仕組みとなっています。

そこで必要なのが配偶者控除等申告書で配偶者の所得金額などを記載してもらいます。

しかし2020年からは適用要件が設けられ、合計所得金額2400万円以上の高額所得者は基礎控除を減額され、合計所得金額2500万円超の場合は基礎控除ゼロとなります。

増税の所得税率は20%を適用。

「令和2年分住宅借入金等特別控除申告書」は、 2年目以降の住宅ローン控除の申告のある方のみ必要です。

70

確定申告すれば手続きはできますが、本来必要なかった手続きであり、かなり手間がかかってしまうのでできれば避けたいものです。

基礎控除と確定申告との関係 基礎控除を受けるには、確定申告をする必要があります。

ただし、既に勤務先にマイナンバーを知らせている場合には、書かないように指示がある場合がありますので、勤務先の指示に従ってください。

配偶者控除・配偶者特別控除 配偶者控除・配偶者特別控除とは、納税者本人に配偶者がいる場合に受けられる控除です。

配当所得 株の運用益など• 次に所得金額を記入します。

先ほど基礎控除の部分で、年間の給与収入が850万円以上の方は増税になる仕組みになると解説しましたが、給与収入が850万円超であっても次のいずれかに該当する方の税負担増に配慮して新たに設けられた所得控除です。

最後に 本年度から令和2年度税制改正に伴って「給与所得者の配偶者控除申告書」に• ただ、ご安心ください。

82