乳がんブログ アメブロ。 乳がん ステージ3・4 人気ブログランキングとブログ検索

「1か2くらい。

「私と結婚して、一番思い出に残っているのはなに?」 と聞きました。 自営業で一緒に働いていたので、妻も休みが人より少なかったです。 43歳でした。 あんま痛くないよ。 抜粋だけ掲載します。 「あなた、出産の時、私の枕もとで太鼓のリズム叩いたでしょ。 その後、抗がん剤で治療を続けたんですが、若いからか、ガンの進行が速く、2月20日にその生涯を終えました。
97

」 と、笑いのネタにしていました。

それで、読んだ方が悲しくなるようなものをネットで公開すべきではないと思い、詳細原稿を載せるのはやめておきます。

本当に一言も言いませんでした。

」 妻は、取り乱すことも、泣くこともなく、淡々とそう答えました。

そんな心優しい妻でした。

———————————- 鎮痛剤のおかげで、それほど苦しむこともなく、私や家族や親族、友人が見守る中、2019年2月20日12時13分、妻の笹原理恵は永遠の眠りにつきました。

32
私、まだ42歳 わかりました
最後の夜、二人の時に 「痛みはどう?MAX10としたらどれくらい?」 と聞きました
」 この一言で、救われました 誕生日の日、理恵は 「こんなん、誕生日としてはノーカウントやわ
昨年7月にガンが発覚し、すぐに手術をしたんですが、11月末に転移してしまいました 私はずっと仕事ばかりして、ぜんぜん旅行とかに連れて行けませんでした
妻のガンが発覚してから、亡くなるまでを詳細に書きつづった原稿を書いたのですが、その原稿はとても悲しく、書いている途中に思い出して何度も涙しました 2019年2月20日、妻の笹原理恵がガンで永眠しました
享年43歳でした 」 とのこと
———————————- 手の施しようがなくなり、余命が短いことを医師に告げられた時も 「そうですか 母もガンで亡くなり、それを見てきて達観していたのか、淡々と運命を受け入れているようでした
95