モバマス ss 親愛度。 [B! SS] 【モバマスSS】P「加蓮の親愛度がMAXになった」

244• 「似合ってるじゃないか」 純白に身を任せた二宮飛鳥を見て、俺は素直な感想を告げた。

俺は、好意を伝えるために、二宮飛鳥の唇に唇を重ねた。

凛は皆さんに比べてまだ子どもですから」 のあ「だからといって……あの子にばかりかまけていられてはつまらないわ……」 P「い、いえそこはやっぱり凛は僕が最初にスカウトしたアイドルですから思い入れが」 ちひろ「ダメですよ」ポカッ P「ち、ちひろさん?」 ちひろ「気持ちは解りますけど、アイドルに差をつけてはいけません」 P「はい……」 瑞樹「ま、そんなことでいちいち怒らないけどね。

「そのまま手を組んで……そうそう、後は目を閉じてくれ」 全ての要望を受け入れた二宮飛鳥は、まるで神様に祈りを捧げるような、美しい姿をしていた。

「飛鳥の案を聞かせてくれ」 「キミは、なにを考えているのか」 唐突な飛鳥の語りだしを、さて今日も仕事を始めようという熱意の傍らで耳に通した。

すっかりプロデューサーになった自分用のSS置き場です。

次に結婚まで考えていたということ。

「くだらないギャグを考えているところを申し訳ないけれど、ボクと結婚してくれるつもりなのかい?」 二つの驚愕の事実が露呈した。

52
2,699• 担当アイドルはブログの画像の通りなので、このあたりのアイドルのSSが多いかもしれないです。 168• 絶対許さなえという風に。 596• …一緒に」 450 「今は、結構楽しいです。 成長した私を、届けられるように」 2550 「昔の私…間違いじゃなかった…」 2550 「自然に表情がゆるんでしまって…。 瞳に、星が映っていて…綺麗だなって。 いや、奪ったと言っているから、等と考察している俺に飛鳥は続いて言葉を流した。 そのままの姿勢で目を開け、俺のことを見上げた。 あらぬ誤解をされては困るので、即座に訂正しよう。 最近の投稿• 1 メタ情報• 私、今日の収録、がんばりますね。
3