グランディア フィーナ。 セガサターン版のグランディアⅠのエンディングについて

と違ってフィーナはので生きており、才にている。 ジャスティンをマブダチと呼び、仲間になった後は最後までジャスティンたちの側で一緒に戦ってくれる存在。 基本的には優しい性格で部下達からは人気があるが、軍人として冷徹に振舞う面もあり、リーンが指揮して襲撃した村の人々からは恨まれている。 ジャスティンを「赤毛の冒険者さん」と呼ぶ。 そのジャスティンが旅をしてきた軌跡こそが、後に重要な意味を持ちます。
59
ちゃっかり山口さんがいるあたり反則だよ…っだっすきだ とりあえずラップの新魔球強すぎる!特技はコンプしたから次はどうするかなぁ…魔法伸ばせるタイプかなぁ のような可らしい外見とは裏に、深い知識を持っている
攻撃技も使えるが、どちらかというと支援型 歳 - ガーラ軍
終盤は雷属性が邪魔になりやすく、習得する頃には無用の長物と化していることも バールが父であることや、ハーフという生い立ちや、光翼人である事に悩むリーンのこともあってか、精霊は愚かな人間を許さないと罪の意識と責任感を持っている
ではが全く同じ性能の技「生命の雫」を覚える ミューレンは彼らの作戦指揮をするために離脱し、後の事をジャスティンに託した
海の向こうにあったものは、延々と空まで届くほどの巨大な壁…… 見果てぬ夢の大地など、初めから無かったのだ フィーナ CV:日高のり子 本作のヒロイン
元々はエンジュール文明の技術を現在に蘇らせる事を目的とした財団で、遺跡の調査をしていた このヴァンフレイムを覚えているかどうかで序盤の難易度が変わってくるので、序盤のうちに魔法コマンドに気が付くかどうかで難易度が大きく変わると言っても過言ではない
その光の中からリーンが現れた その後フィーナに出会い、世界の果てを登り、沢山の人々と出会いながら故郷から遠く離れたアレントへ到着する
80