スコーン レシピ 人気。 保存版 基本のプレーンスコーン&人気のスコーンレシピ5選

作った人だけのお楽しみです。

多少混ざり切らなくても次の工程で再度混ぜ合わせますので、大丈夫です。

ですが、少し前に美味しいスコーンをよばれる機会があって。

それがなんとフードプロセッサーを使って作ったもので。

さらさらのパン粉のような状態に。

同様に2回繰り返し、厚さ2cm程の四角形に形を整え、6等分に切ります。

2
牛乳 60g• 砂糖、ヨーグルト、塩、卵をすべて混ぜ合わせ、1に加え、さらに手で混ぜ合わせます 美味しいスコーンが食べたくて、夜な夜なスコーンのレシピを調べていた毎日
カードでざっと切り混ぜるようにして生地をひとまとめにする 天板にオーブンシートを敷く
市販のプレーンヨーグルトで水分が分離している場合は、あらかじめ混ぜておいてください 翌日でも軽くリベイクすれば美味しくいただけます(オーブントースターで2~3分
外側がさくっ、中はしっとり、粉のおいしさを存分に味わう、焼きたてのスコーンは格別のおいしさです 3.バターが細かくなってきたら、指先で粉とバターをこすり合わせるようにしながらバターの粒をさらに細かくする
これらの粉を代用した場合も、作り方に大きな変更はありません 牛乳を加え、ゴムベラで少し粉っぽさが残るまでさっくりと混ぜ合わせ、ひとまとめにします
これが隠れた人気者 それと同時期にeringoさんがクイジナートのフードプロセッサーについてクリップされていて、購入するならクイジナートにしようと検討しています
気温や湿度の高い夏場は、水分を少し減らしたほうが扱いやすいです それ以来美味しいスコーンを作るために、フードプロセッサーを購入しようと検討していました
スコーンは焼き立てがベストですが、焼いた当日中ならしっとり感はキープできます パカっと半分に割って、先日作った手作りジャムをのせて
8.天板に並べ、好みで表面に牛乳か溶き卵(分量外)を塗る そして栗原はるみさんのレシピにも改めて感動しました